アジアンバンクの企業情報や評判について

企業・サービス紹介

現在、投資の重要性がさらに高まっています。年金不安や終身雇用制度の崩壊、それに伴って金融庁から2,000万円の貯蓄が無ければ老後破産するという宣告など、投資によって資産を増やさなければいけない懸念が増えているのです。では、それをサポートしてくれる企業にはどのような特徴があるのでしょうか。

企業情報について

経済・政治・軍事のどの分野においても世界一と言えるのがアメリカです。この強固な国力を基盤とし金融の分野においても世界一の信頼性を誇っています。さらに、国民性として法令遵守・契約履行に対する社会的責任が極めて重視されるため、大切な資産を置く国として最も適していると評判なのです。このようなことから世界中の資産がアメリカに集められ、その信頼性が高まり、さらに資産が集まるというポジティブなサイクルが生まれるのです。

アジアンバンク(アジアンバンクキャピタルトラスト)はアメリカの首都であるワシントンD.C.でライセンスを取得した信託銀行です。大きな特色としてはアジア在住のリテールに向けたサービスに特化し、そのニーズに寄り添った今までにない提案を行います。使いやすさはもちろん、安全性にまで配慮した特徴を持っているため、多くの利用者から支持されていると評判になっているのです。

特徴について

アジアンバンクの口座開設申し込みはアメリカに渡航する必要がありません。何故ならオンライン・ペーパーレス契約が可能だからです。IDチェックや顧客確認、マネーロンダリングのチェックの全てをオンライン・ペーパーレスで行います。そのため、渡航にかかる費用や時間を節約出来るので、非常に効率的となっています。さらに、その後に資金を活用できる出口としてデビットカードを発行することが出来ます。これによって世界中のATMで出金が可能です。

また、スイフトコートを取得することによって国際送金で世界中どこからでもお金を受け取ることができ、どの国へもお金を送ることが出来ます。そのため、海外での投資の受益やビジネスで得た収益などを安心して受け取ることが可能となっているのです。それだけでなく主要な暗号資産を送付することで直接口座にデポジットすることが出来ます。取引所や相対取引でエクスチェンジして、送金するという手間なくスムーズに換金とデポジットが行えるため評判です。

手軽に利用出来る信託銀行

アジアンバンクはアメリカの首都であるワシントンD.C.でライセンスを取得しています。アジア在住のリテールに向けたサービスに特化しており、ニーズに対して寄り添った様々な提案を行なっているのです。アメリカは世界最大の国力を持っています。そのような国でライセンスを結んでいるため、評判が高くなっているのです。

そんなアジアンバンクキャピタルは手軽に利用することが出来るという特色を持っています。口座開設はオンライン・ペーパーレスで行うことが出来るため渡航が不要です。それ以外の手続きもオンライン・ペーパーレスで行われます。さらに、スイフトコードの取得で世界中どこでもお金を送ったり受け取ったりでき、暗号資産を直接口座にデポジット出来ます。

タイトルとURLをコピーしました